【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】役割給と不即不離の実績給/梅本 迪夫

2017.10.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

併せて"役割給"もいかがですか?
イラスト 有賀 敏彦

 日本型成果主義を継承発展させていくなかで、2008年1月、独自の「自律型人事賃金制度」を発表した。役割給・実績給体系の提唱である。

 誤解を恐れずにいえば、役割・実績給体系とは、社員自身がやりたいことに挑戦し、その結果に責任を持つ一方、挑戦にふさわしい報酬を実現する制度である。その心は能力ある者に実力を存分に発揮させ、組織を活性化することにある。ここでいう役割とは、所属する組織・集団における自身の存在意義は何か、換言すれば給与を支払われているゆえんは何か…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月16日第3132号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ