【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】故郷忘じがたく候―岩国へ/梅本 迪夫

2017.04.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

迎えが来ぬなら“送り船”を!!
イラスト 有賀敏彦

 1989年6月末からの4年間、人事課長として在籍した千葉工場での話である。

 わが国の石油化学工業が急速に発展するなか、千葉工場は1965年に建設が開始され、敷地内には続々と大型石油化学プラントが完成していった。現場要員として毎年、大量の社員が北海道、東北等から採用された。しかし、操業には中核となる経験豊富な社員が不可欠であり、発祥の地山口県の岩国工場からも大量の要員の転入が必要であった。

 岩国工場は、地元山口、広島の両県を中心として、九州、中国、四国の出身者で占められていた。彼らには、…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月10日第3108号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ