【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】担当者を泣かせた経過措置/梅本 迪夫

2017.06.29 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

新旧制度で"二刀流"に……
イラスト 有賀 敏彦

 合併時の制度統合にあっては、統合を円滑に進めるうえで経過措置が極めて重要になる。既得権への配慮や納得性を高めるために誠実かつ精緻に策定すれば良いわけでなく、その後の管理運用において担当者に過重な負担を課すものであってはならない。三井化学の合併に際し、反省するところ大であった経過措置について述べ、参考に供したい。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月3日第3119号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ