【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】カメにウサギが追い越され/梅本 迪夫

2017.03.06 【労働新聞】
サボってないのに、いつの間に? イラスト 有賀敏彦

サボってないのに、いつの間に?
イラスト 有賀敏彦

 1983年4月、新賃金制度が導入された。57年の創業以来続いてきた総合決定給から、職能給体系への抜本的改革であった。筆者の5年に及ぶ涙ながらの労苦の成果でもある。定昇とベアを理論的にも実務的にも明快に分離し、賃金決定のルールを賃金表に基づく仕組みに切り替え、透明かつ分かりやすいものに改めた。

 ところが、それなりの達成感に浸り、新たな職務に就いて精励していた実施翌年のことである。設計時には全く想定していなかった事態が発生した。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年3月6日第3103号7面

あわせて読みたい

ページトップ