【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】「吠え面かくな」と子会社へ/梅本 迪夫

2017.07.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

忘れてしまえない想いも……
イラスト 有賀 敏彦

 1998年10月中旬、合併後の人事賃金評価制度の統合について会社、労組の了承が得られ、最後の難関であった退職一時金・年金制度の統合作業も佳境に入っていた。終業時刻を過ぎた頃、直属上司のS取締役人事部長から電話があった。会長から食事の誘いがあったが、自分は行けないと答えると、筆者に来るように指示があったという。新橋の寿司屋にいるので、直ちに出向くように、とのことであった。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月10日第3120号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ