【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】夢叶わなかった5組3交替/梅本 迪夫

2017.04.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

休暇確保には残業要員が……
イラスト 有賀敏彦

 石油化学プラントを支えるのは、交替勤務者である。プラントは、法規制による停止時期を除けば、土日はもちろん、年末年始も操業し続ける。そのため交替勤務者は、24時間を3組交替で勤務する。勤務時間は、たとえば①7時~15時、②15時~23時、③23時~翌日7時と編成され、各勤務帯を3日続けて休日を挟む等のサイクルで繰り返す。

 高度成長期も過ぎ、次男、三男が激減した状況で、工業高校生には地元志向が強まった。深夜に勤務し、…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月17日第3109号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ