【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】現金の力を活かし円満解雇/梅本 迪夫

2017.11.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

”後先考えず”は共通の習性?
イラスト 吉川 泰生

 解雇の金銭解決が論じられて久しい。今号では、参考になる事例を紹介したい。

 まずは労働審判での事例。筆者が東京地裁の労働審判員に任命されたのは、同制度発足後2期目の2008年4月である。以降、定年まで2期4年務めた。毎月1、2件の審議案件があったなかで、不当解雇撤回、不払い残業請求が最も多かった。不払い残業も、退職後に不当解雇の撤回請求と併せて申し立てられるのが実態であった。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月20日第3137号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ