【人事の小窓 ちょっと道草】「訪問看護」をもっと知って/津川 優子

2014.02.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 訪問看護というサービスをご存じですか? 看護師が利用者(患者)の自宅等を訪問し、生活の介助や健康指導などの看護サービスを提供するもので、まだそれほど馴染み深い言葉ではないかも知れませんが、最近、急速に一般の方も含めて認知が進んでいるように感じます。

 しかし、まだまだ訪問看護ステーションで働きたいという看護師は少なく、ステーションの数自体も十分とはいえません。もともと人手不足といわれ続けている看護の業界でも、現在際立って多くの看護師が求められている分野が訪問看護なのです。…

筆者:インキュベクス㈱ 看護師スーパーバイザー 津川 優子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年2月10日第2956号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ