【人事の小窓 ちょっと道草】病院事務職採用に思うこと/東 靖隆

2014.07.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 平成24年より現職に異動となり、事務職の採用活動に直接携わっております。

 高齢化による医療費の高騰と国家財政の縮減を背景に、平成26年の診療報酬改定は実質マイナスとなりました。そうした経営環境の中、医師・看護師をはじめ優秀な医療技術者を確保するには給与費を抑制することはできません。個々の能力を最大限に発揮させ、労働生産性を高めることが強く求められます。なかでも事務職は経営資源である人・物・金を有機的に機能させるため重要な役割を担います。…

筆者:IMS(板橋中央総合病院)グループ 本部事務局人事部長 東 靖隆

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月14日第2976号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ