【元監督官が明かす! 臨検監督対処 初級編】第12回 労働時間の管理② 自己申告制に要注意 実態把握へ張込みも/原 諭

2017.04.03 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 労働時間の管理については、電通問題などを受けて、『労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン』がつい先日、新たに出された。平成13年に策定された『基準』が、『ガイドライン』に変更されたのである。

 ガイドラインでは、労働時間の自己申告制による弊害が大きいため、自己申告制を行う際に講ずべき様ざまな措置を明確にしている点、そして、それらに関する書類が労働基準法109条に基づく保存義務があることを…

筆者:原労務安全衛生管理コンサルタント事務所 社会保険労務士 原 論

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月3日第3107号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ