【元監督官が明かす! 臨検監督対処 初級編】第2回 監督官の職務① 業務内容に方針転換 平成20年から新人事制度/原 諭

2017.01.23 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 労働基準監督官という名前は、ここ最近一般にも認知されてきているが、企業で労務管理を担う者にとっては、より馴染みのある名前であり、少し敬遠したくなる相手かもしれない。

 しかし、監督官がどういう形で採用され、どういう研修を受け、どういう配属になり、どういう仕事をしているのかということを知っている者はあまりいないであろう。…

筆者:原労務安全衛生管理コンサルタント事務所 社会保険労務士 原 論

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年1月23日第3097号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ