【元監督官が明かす! 臨検監督対処 初級編】第19回 司法捜査 証拠の中心は供述 “ガサ入れ”、逮捕実行も/原 諭

2017.05.29 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 労働局による電通の送検がニュースを賑わせていたところであるが、送検に至るまでの仕組みを知らない方も多いようで、質問を受けることがよくある。連載第3回でお話ししたが、労働基準監督官の重要な職務として司法業務がある。

 労働基準法や労働安全衛生法などの違反を指摘し、その是正を粘り強く指導するという監督指導の業務とは異なり、違反の事実について処罰を求めるために淡々と捜査を行い…

筆者:原労務安全衛生管理コンサルタント事務所 社会保険労務士 原 論

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月29日第3114号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ