【元監督官が明かす! 臨検監督対処 初級編】第11回 労働時間の管理① 制度構築を確実に 運用で問題がある事例も/原 諭

2017.03.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 監督を受ける際に、1番の問題となるのは労働時間の管理ではないだろうか。労働時間については、昨今頻繁に報道されている違法な長時間労働の有無を中心にみることになるが、労働時間管理の入口部分である労働時間制度そのものがしっかりと構築されていない事業場が多く見受けられる。

 就業規則上はすべての週が法定の範囲内である週40時間制をうたっているものの、実際には…

筆者:原労務安全衛生管理コンサルタント事務所 社会保険労務士 原 論

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月27日第3106号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ