【元監督官が明かす! 臨検監督対処 初級編】第14回 解雇問題 取引先や銀行に照会 予告手当めぐり残高確認/原 諭

2017.04.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 解雇というのは、労働契約終了の意思を、企業側から一方的に伝えるものであり、非常にトラブルになりやすい。企業にとっては有益でない人材との契約を終了するという通告になるのだが、労働者の立場からすると死刑宣告のようなものである。

 いったん解雇されてしまうと、再び正規雇用に就くことが困難な場合も多いため、何とか踏みとどまれるようにしたいと考える労働者がほとんどだろう。

 解雇については、金銭補償による自由な解雇を求める動きもあるのだが、…

筆者:原労務安全衛生管理コンサルタント事務所 社会保険労務士 原 論

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月17日第3109号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ