【元監督官が明かす! 臨検監督対処 初級編】第16回 過重労働対策① 電通を他山の石に 時間外労働には上限設定/原 諭

2017.05.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 毎年作成される労働行政に関する運営方針において、平成26年度より過重労働対策が労働基準行政の最重要課題となっている。それまで霞が関主導で行われていた労働行政の意思決定が、アベノミクスを効果的に行うためとして、首相官邸の日本経済再生本部による日本再興戦略に沿う形で行われるようになった。官邸が推し進める働き方改革という方向性の下で、過重労働対策の優先順位が上がったのである。

 そのような流れのなか、新入社員が長時間労働などを理由に自殺し労災認定された電通事件の発生で…

筆者:原労務安全衛生管理コンサルタント事務所 社会保険労務士 原 論

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月1日第3111号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ