【元監督官が明かす! 臨検監督対処 初級編】第18回 今年度の行政方針 民間委託阻止へ始動 技能実習機構との連携も/原 諭

2017.05.22 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 労働基準行政において現在、規制改革推進会議の一部の委員の意見に基づき、定期監督業務の民間委託に関して検討がなされているところである。

 規制改革推進会議に設置された「労働基準監督業務の民間活用タスクフォース」でヒアリングを行ったところ、厚生労働省は反対の意見を述べたが、委託先として想定される社会保険労務士会を束ねる全国社会保険労務士会連合会は、研修などを実施すれば民間委託は可能であると回答した。…

筆者:原労務安全衛生管理コンサルタント事務所 社会保険労務士 原 論

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月22日第3113号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ