【元監督官が明かす! 臨検監督対処 初級編】第17回 過重労働対策② 時間管理の見直しを 36協定内容で監督対象に/原 諭

2017.05.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 働き方改革を推し進めるための過重労働対策として、時間外労働に対する罰則付きの上限規制が示された。しかし、労働基準法の改正法案が国会に提出され、成立後に施行されるまでには相当の期間を要する。改正作業の間にも、過重労働問題が生じることのないように、長時間労働の是正に向けた対策が行われることになる。

 これまでの過重労働対策は、平成14年、その後、18年に出された総合対策の方針に沿って行われてきた。現在では…

筆者:原労務安全衛生管理コンサルタント事務所 社会保険労務士 原 論

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月15日第3112号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ