【元監督官が明かす! 臨検監督対処 初級編】第21回 安全衛生管理 企業防衛上不可欠に 官製ブラックリスト化も/原 諭

2017.06.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省が先日公表した送検企業のリストは、報道機関などからすでに「官製ブラック企業リスト」と呼ばれ報じられている。このリストには、電通などのように過重労働問題で送検された企業も含まれているが、半数以上が労働安全衛生法違反で送検された企業である。

 もともと「ブラック企業」なるものに法的な定義付けなどないため、リストに掲載された企業がブラック企業だといわれてしまえばそれまでの話になってしまう。すなわち、長時間労働による過労死だけでなく、安全衛生管理の不備により事故を発生させた企業も、ブラック企業と呼ばれてしまう可能性が高い。…

筆者:原労務安全衛生管理コンサルタント事務所 社会保険労務士 原 論

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年6月12日第3116号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ