【元監督官が明かす! 臨検監督対処 初級編】第20回 ブラック企業 安全衛生対策がカギ 送検事案公表で新局面へ/原 諭

2017.06.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 先日、厚生労働省が、昨年10月以降に書類送検した企業名を公表し、各報道機関も大々的に報じていた。電通問題を受けて昨年11月に行われた参議院での集中審議において、送検企業を統一的に公表しないことの問題が提起され、今年1月に、緊急対策として企業名を公表することが明らかにされていた。…

筆者:原労務安全衛生管理コンサルタント事務所 社会保険労務士 原 論

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年6月5日第3115号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ