高所頻度高い職種優先 フルハーネス型安全帯で補助金 厚労省

2019.03.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労働者数少ない事業場も

 厚生労働省はこのほど、法改正に適合するフルハーネス型墜落制止用器具への切り替えを促進する補助金事業の実施要領を明らかにした。対象となるのは、中小企業基本法に規定する中小企業者に当てはまる法人と、労災保険に特別加入している個人事業者(いわゆる「一人親方」)だ。申請件数が補助金の予定額を上回った場合、主に2つの加点基準に従って合計点数の高い申請者から交付決定を行う。加点基準となるのは、鳶など高所作業の頻度が高い職種、労働者数が少ない事業場であることなど。一式当たり最大2万5000円の2分の1(1万2500円)を補助する。同一申請者の交付額の上限は50万円。今後、補助事業者の選定を進め、遅くとも6月ごろには公募を始めたい考え。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年4月1日第2327号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ