つり足場の安全標準作成へ 不十分な下請管理を指摘 設置・解体工事で災害多発 厚労省

2012.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は新年度、橋梁の建設や塗装工事などで多く使用される「つり足場」からの墜落・転落災害防止対策に乗り出す。ここ数年、つり足場の組立・解体工事での死亡災害が目立っているとしており、つり足場の種類に応じた組立・解体作業の標準マニュアルを策定し、安全な作業の普及促進を図る考えだ。事例の収集・調査を行ったうえで、足場の構造、組立・解体方法に合わせた作業手順を図解し、初めて橋梁工事を行う者にも分かりやすいマニュアルにするとしている。また、災害増加の背景として、元方事業者の下請けに対する不十分な安全管理能力を指摘。統括管理を確実に行うための研修会を、全国で実施する予定だ。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年4月15日第2160号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。