6割超で法違反発覚 元請の管理不備最多 東京労働局建設監督

2018.09.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京労働局(前田芳延局長)は、今年6月に実施した建設現場に対する一斉監督結果を取りまとめた。管内18労働基準監督署が立入調査した442現場のうち、64.7%に当たる286現場で労働安全衛生法違反がみつかり、是正指導している。違反現場が多いことから、同労働局では、今後も重点的な監督指導を実施する方針。リスクアセスメント実施や、新規入場の現場作業員への教育徹底に向けた指導も行っていく。

 違反内容では、元請事業者における安全衛生管理関係が違反率58.8%(260現場)で最も多い。

 次いで、足場や高所の作業床などからの墜落・転落防止関係が同41.0%(181現場)だった。足場など作業床の未設置や、高所の作業床の端または開口部に手すりがないケースなどを指導している。

 是正指導した現場のうちの43現場に対しては、安衛法に基づく作業停止命令や立入禁止などの行政処分を行った。

平成30年9月10日第3176号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ