『建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?』の連載記事

2019.09.10 【安全スタッフ】
【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】8 計画届が間に合わないのですが

 地場を中心に建築工事を主として営んでいます。今回、お聞きしたいのは工事開始の際に提出を求められる計画届について、定められた期限前に提出することができず、先日は労働基準監督署より是正勧告を受けました。大型工事はほとんど手掛けていませんので、足場、型枠支保工が提出すべきものとなります。契約とほぼ同時に着工となるケースばかりで、30日前の決ま……[続きを読む]

2019.08.27 【安全スタッフ】
【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】7 過労死の判断って?

 昨今、過労死の報道が目につきます。当社でも働き方改革の一端として、労働時間の見直しを含め、時間外労働管理が会議の議題に取り上げられるようになりましたが、万一、従業員が残業オーバーで亡くなったとしたらどのように対処したらよいのでしょうか? 労働基準監督署の判断基準はどの辺りにありますか? 時間外労働の実態を併せて  私が勤務していたころの……[続きを読む]

2019.08.09 【安全スタッフ】
【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】6 業務災害と通勤災害の適用は?

 専門工事業者として元請の工事を施工していますが、作業員がA社での仕事をするために当社に来る途中、駅の階段でケガをしました。元請に報告すると「これは元請けの通勤災害になる」と言われ、そのようにしました。しかし、現場での作業が始まっていない時点での労災であるため元請けに申し訳ない気がします。一体、どの時点でどの社の労災になり、また、どこで業……[続きを読む]

2019.07.26 【安全スタッフ】
【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】5 じん肺の労災最終事業場の証明を求められた

 当社は総合建設業を営んでおりますが、じん肺にり患したとして、元下請作業員から当社の現場がじん肺にかかわる作業で最後の事業場だから、労災適用のために最終事業場としての証明をしてほしいと求められました。どのように対応したら良いのでしょうか? もし、証明をしたらどんな結果を当社に招いてしまうのか心配です。 証明と責任は別物です。調査して間違い……[続きを読む]

2019.07.09 【安全スタッフ】
【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】4 就業規則の届出って何人から?

 当社は建設機材のレンタル会社です。レンタルの依頼が各所から来るため、機材倉庫兼営業所を3カ所に置いています。本社機構は管理部門と機材倉庫となっていて、本社には10人、営業所にはそれぞれ5人を配置して、総従業員数は25人となっています。本社は10人を超えているので就業規則を作り、所轄の労働基準監督署に届出をしています。他の営業所はそれぞれ……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ