【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】71 注意力で災害を防ぐには?

2022.05.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 私は作業所の管理職をしています。会社の安全部からは毎月パトロールが行われ、労働災害防止上の指摘を受けることがありますが、安全部からは専門工事業者作業員に対して「作業上で必要とされる注意を忘れさせないように」と言われます。確かに危険性・有害性を考えますと、作業ごとの注意は欠かせないと思うのですが、作業所の安全は果たして注意するだけで防ぎ得るものなのでしょうか?朝礼時に気を付けて作業に当たるように言ってはいますし、打ち合わせ時に職長にも「個々の作業に必要な注意をするように」とも言っていますが、注意力に頼ることで災害は防止できるのでしょうか?

限界があることを知りましょう

 作業所で施工・安全管理をされるということは、店社の安全部門とは異なり毎日が気の抜けない時間だと思います。安全部の注意とは、不安全行動のない作業を指しているのではないでしょうか? 

 つまり、自分の仕事は間違いのない決められた方法で行っているかを常に自覚するようにとの意味合いを含んでいるようにも感じられます。…

執筆:中込労務安全事務所 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年5月15日第2402号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。