連載記事

2020.08.27 【安全スタッフ】
【イラストで学ぶ身近なリスクと対策】第6回 酸素欠乏症による重大災害

1.はじめに  9月1日は防災の日です。「天災は忘れたころにやってくる〔寺田寅彦〕」、天災(自然災害)はその恐ろしさを忘れたころに起こる〔歴史は繰り返す〕ものなので、「油断は禁物の戒め(訓戒)」です。  今回は、「酸素欠乏症の災害2事例」をテーマにします。 2.酸欠と酸欠の発生原因等  酸素は人間の生命維持に欠かせません。酸欠災害(酸素欠……[続きを読む]

2020.08.27 【労働新聞】
【緊急連載 新型コロナの人事実務対応】第13回 退職勧奨・希望退職募集 少人数なら指名を 募集による意欲低下防ぐ/荒川 正嗣

 整理解雇を行う場合、その有効性が事前には予測し難い上に、訴訟等になった場合には金銭的なものも含め種々のコストがかかるなどのリスクがあるが、退職勧奨や希望退職募集により合意退職となれば、そうしたリスクを回避できる。また、整理解雇をする場合は、先に解雇回避努力として、希望退職の募集が行われることが多い(なお、削減対象が少ない場合などは、希望……[続きを読む]

2020.08.27 【労働新聞】
【ぶれい考】定年後の“ホーム”を設立/橋本 久美子

 9年前に「正雄舎」という名前の子会社を作った。先代社長の父が亡くなった年に、父の名前から命名した派遣会社だ。吉村を60歳で定年退職すると希望者は正雄舎に移籍して、吉村の元の部署に派遣される。  それまで、定年後は嘱託社員として雇用していた。自分が育てた年下の社員が上司になる。「昔話をしたら、今は時代が違うっていわれたんだよ。何もできない……[続きを読む]

2020.08.27 【安全スタッフ】
【通達クリップ注目の1本】安衛令の一部を改正する政令等の施行等

溶接ヒュームの規制強化  金属のアーク溶接などで発生する「溶接ヒューム」が、特定化学物質に追加されました。全体換気装置による換気や濃度測定等が義務付けられます。屋外作業でも作業主任者の選任などが必要になります。2021年4月1日以降、順次施行されます。 労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令等の施行等について(令2・4・22基発0422……[続きを読む]

2020.08.27 【安全スタッフ】
【裁判例が語る安全衛生最新事情】第351回 (公財)後藤報恩会ほか事件① 勤務態度の注意に違法性認めず 名古屋地裁平成29年9月28日判決

Ⅰ 事件の概要  原告Xは、Y1法人が設置運営する美術館に学芸員として勤務していたが、人事担当Y2、経理担当Y3、および、美術館長Y4からパワハラを受けて退職を求められたという事案である。Y2とY3は、Y1法人の前代表理事の実子であり、Y4は前代表理事の実弟である。  原告Xは、平成26年12月11日の面接の結果、美術館の職員として採用さ……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ