【事故防止 人の問題を考える】第91回 リスクを熟知する人を育てるには(荷姿の物)

2020.08.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

不安定に積まれた荷が危ない

 リスクを熟知した人を育てるため、今回は、起因物が荷姿の物をとりあげます。荷姿の物とは、文字通り「荷」のことです。荷が落下したり、崩壊・倒壊したりして死亡災害が発生しています。平成29年は12人もの方が亡くなりました。

 荷を安定させて積むことができれば、落下や崩壊・倒壊は防げます。ただ、現場では、それがうまくできず、また最初は安定していても何かのきっかけで安定が崩れたことによる死亡災害が後を絶ちません。

 なぜ荷の崩壊・倒壊が繰り返されるのか、死亡災害事例をみていきましょう。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年9月1日第2361号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ