【事故防止 人の問題を考える】第93回 リスクを熟知する人を育てるには(転倒災害)

2020.09.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「またしても」建設現場でCO中毒

 8月26日午後、東京のビル解体工事現場でCO中毒が発生し、作業員とみられる30代から60代の男性8人が病院に搬送されました。

 これまで何度もCO中毒の労働災害事例を紹介してきましたが、〝またしても〟です。テレビ報道では、現場の外観が映し出されていましたが、ほこりなどの飛散防止に加え防音性の高いフラットパネルで現場を囲う解体工事は通気がよくありません。今の時点では原因は明らかではありませんが、過去の事例をみれば、その中での発電機の使用が疑われます。

実は死亡事例も多い「転倒災害」

 これまで、…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年10月1日第2363号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ