【想いはせれば】第137回 石綿除去現場でのマスク

2020.08.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶7月末、私に都立総合病院の担当医師から直接電話がかかってきました。私はこの病院で10年ほどの間に、呼吸器や消化器、前立腺などのガンの「早期発見、早期治療」で今日、年齢相応に元気で過ごしています。

 医師の電話は、私の最近の健康状態を簡単に聞いたうえで、私の3日後の定期検診と診察を6カ月延ばしてほしいというものでした。

 この病院は以前から各種の感染症を扱う病院で、今回の新型コロナウイルス感染症では都内では最も多忙な病院で、このところの「コロナ第2波」の影響で大変なようです。私も、これらの事情は理解できるので了承しました。

▶私の場合、消化器官や前立腺のガンは切除したので心配はなくなりましたが、肺のごく一部の影が3~4年前から「経過観察」で診ていくことになっていました。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年9月1日第2361号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ