【イラストで学ぶ身近なリスクと対策】第6回 酸素欠乏症による重大災害

2020.08.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

1.はじめに

 9月1日は防災の日です。「天災は忘れたころにやってくる〔寺田寅彦〕」、天災(自然災害)はその恐ろしさを忘れたころに起こる〔歴史は繰り返す〕ものなので、「油断は禁物の戒め(訓戒)」です。

 今回は、「酸素欠乏症の災害2事例」をテーマにします。

2.酸欠と酸欠の発生原因等

 酸素は人間の生命維持に欠かせません。酸欠災害(酸素欠乏症)は、脳をはじめとした人体に多大な影響を及ぼし、死亡率が高い特徴があります。酸素欠乏の危険がある作業は、幅広い業種で認められ対策も進んでいますが、事業場間に「安全対策に温度差」があり、未だに「基本事項の欠如」により、酸欠災害が発生しています。発生状況をみると、①測定未実施:94件、②換気未実施:72件、③空気呼吸器等未使用:66件、④換気不十分:22件、⑤ガス流入遮断せず:14件など(平成10~19年)。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年9月1日第2361号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ