【同一労働同一賃金を踏まえた諸手当・福利厚生】第8回 個々の待遇の対象範囲① まず“一覧表”作成を 説明義務の履行時に有効/可児 俊信

2019.08.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

費用対効果も考慮必要

 非正規従業員の待遇改善を図る際の課題として「待遇の改善対象・改善度合」が挙げられる。待遇改善のための原資は上限なく拠出できるわけではなく、また投資対効果も考慮する必要があるため、様ざまな判断基準をもとに決定していくことになる。

 判断基準の一つとなるのが「対象となる従業員の範囲のバランス・整合性」である。従業員の待遇はすべて人事関連の諸規程・規則で定められている。規程は一般的に、第1条で待遇の目的を謳っており、第2条では規程の対象となる従業員の雇用区分が定められている。雇用区分とは、執行役員、社員、専任社員、嘱託社員、契約社員、パートタイマー、アルバイトといった区分である。…

筆者:千葉商科大学 会計大学院 教授 可児 俊信

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年8月26日第3222号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ