【同一労働同一賃金を踏まえた諸手当・福利厚生】第10回 改善原資のねん出① 共済会の対象を拡大 労使折半でコスト抑える/可児 俊信

2019.09.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

事業内容は多岐に渡る

 非正規従業員の待遇改善には、「同一労働同一賃金」への対応だけでなく、人材採用力の強化や定着も期待される。非正規従業員の待遇改善に当たっての最大の障害は、改善原資の確保である。もともと、非正規従業員は正規従業員に比べて人件費が抑えられてきた。よって、改善原資をねん出するのは容易ではない。

 ここからは、コストを掛けずに、またはコストを抑えて待遇改善を行う方法を、事例を中心に紹介する。

 まずは共済会を活用して、待遇改善を行う事例を紹介する。…

筆者:千葉商科大学 会計大学院 教授 可児 俊信

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年9月9日第3224号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ