【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】7 過労死の判断って?

2019.08.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 昨今、過労死の報道が目につきます。当社でも働き方改革の一端として、労働時間の見直しを含め、時間外労働管理が会議の議題に取り上げられるようになりましたが、万一、従業員が残業オーバーで亡くなったとしたらどのように対処したらよいのでしょうか? 労働基準監督署の判断基準はどの辺りにありますか?

時間外労働の実態を併せて

 私が勤務していたころの過労死の判断と労働基準監督署の決定について述べさせて頂きます。朝、現場所長が「今日は体調が良くないから代わりに現場巡回に行って来るように」と副所長に指示。巡回を終えた副所長が事務所に戻ると、現場所長が休憩室で倒れており、救急車で搬送しましたが脳梗塞で亡くなりました。

 その後、“帰るコール”の時間が…

執筆:中込労務安全事務所 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年9月1日第2337号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ