【登壇労組リーダー】裁量労働導入でWLB追及へ/春川 徹

2012.08.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 我われKDDI労働組合は、今夏の定期全国大会で「裁量労働制」の一部導入について決議し、今秋からの正式導入に向け継続的な労使協議の実施ならびに法律に基づく労使委員会の設置準備を進めている。

 KDDIは、移動体通信と固定通信を一社で提供している国内唯一の事業者であり、その事業内容は、携帯電話事業、固定通信事業、コンテンツ事業、法人SI事業、CATV関連事業、国内外のデータセンター事業など多種多様な範囲に及び、社員一人ひとりによる主体的な業務遂行を推進している。…

筆者:KDDI労働組合 中央本部 政策局長 春川 徹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年8月27日第2886号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ