【登壇労組リーダー】人への投資で「好循環」を導け/石井 一清

2013.10.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「人への投資」「好循環」というキーワードに思い入れがある。企業連時代に産別の事務レベルで大議論をしてきた思い出で、紙面を汚したい。

 すでに10年近く前になるが、日本経済は急激な成長を期待しにくい成熟社会へと移行し、マクロ経済指標も概ね安定した状態で、かつてのような大幅な物価上昇に対応した一律的な賃上げの根拠に乏しい実態にあることに加え、産業・企業の生み出す成長が小さくなっている中、組合員に対しどう成果を配分するかが大きな課題であった。…

筆者:連合広島 会長 石井 一清

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年10月14日第2940号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ