【登壇労組リーダー】政府よ今こそ地元帰還施策を/鈴木 三男

2012.06.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 昨年3月11日の東日本大震災で、福島県の人口は33年ぶりに200万人の大台を割った(昨年7月時点)。人口減少の中でもとくに深刻なのは、将来を担うべき子ども(15歳未満)の数の減少率である。平成15年から22年までは2%前後(5500~7000人程度)の減少で推移したが、昨年4月時点では3.0%に拡大、原発事故から1年が経過した時点の県の調査では5.7%と減少率はさらに大きくなったと地元紙が報じている。…

筆者:UIゼンセン同盟 福島県支部 支部長 鈴木 三男

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年6月11日第2876号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ