【登壇労組リーダー】交通基本法に“魂”を込める/髙松 伸幸

2015.12.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今年10月の第31回定期総会で第6代事務局長に選出され、陸・海・空、人流・物流に関係する18産別・65万人組織の事務局長としての責任の重さを痛感しているところである。出身は運輸労連(全日通労働組合)で、1984年に組合専従になって以来31年間、物流(トラック)部門の労働運動に取り組んできた。

 我われの産業はモードの違いこそあれ多くの課題が山積しているが、中小企業が大半であり、各社の自助努力での改善には限界があるのも事実である。…

筆者:交運労協 事務局長 髙松 伸幸

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年12月28日第3046号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ