【登壇労組リーダー】命育む「食」の底上げに全力/五野 琢也

2015.02.09 【労働新聞】

 1955年にスタートした春闘の60周年目を迎えた今年は、戦後の労働運動を推進していく大きなきっかけとなった「労働組合法」が初めて施行されてから「70周年」という節目の年でもある。これまでの長きにわたる年月の中、「春闘」は様ざまな出来事によって栄枯盛衰を繰り返してきたが、改めてこの記念すべき節目の年において、春闘そして〝賃金〟がこれほど注目されることは近年なかったのではないか。…

筆者:フード連合 労働局長 五野 琢也

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年2月9日第3004号6面

あわせて読みたい

ページトップ