【登壇労組リーダー】「支店長」兼「シンボル」/高橋 徹

2014.05.26 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 地方連合会には大きく2つの役割があると考えている。1つは、連合というナショナルセンターの地方組織として、連合本部の掲げる理念や政策に基づき、連合運動を地域で推進することだ。

 私は、連合という団体を外部の人に説明するとき、日本全国に支店がある大企業のようなものだと例えることがある。この例えに従えば、私はさしずめ岡山支店長というところか。企業理念とか中期経営計画とか、そういう大方針は本社が決めるので、その方針に従って組織を動かし、成果を上げるのが私たちの仕事である。…

筆者:連合岡山 会長 高橋 徹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年5月26日第2970号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ