【登壇労組リーダー】危機の時代こそ労使関係が鍵/瀬川 亨

2012.09.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 雇用形態の多様化に伴い、労働者の処遇についても複雑化かつ個別化の時代に突入しており、労働相談も従来の争議型労使紛争から個人と会社間での紛争が増加傾向にある。県内においても相談の多くは未組織労働者であるが、組織された組合員からの相談も多い。これには企業・会社の経営状況悪化が影響しているとともに、経営側もワークルールに関する知識が乏しくなってきているように見える。…

筆者:連合富山 事務局長 瀬川 亨

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年9月10日第2888号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ