【登壇労組リーダー】人手不足解消は処遇改善で/武井 伸泰

2015.06.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 トラック運輸産業は昼夜を問わず日本経済を支え、国民生活に必須の重要な基幹産業である。東日本大震災での救援活動はもとより、高齢者や山間部などの「買い物弱者」といわれる方々にとって欠かせないライフラインであることからも理解いただけると思う。

 しかし今、雇用情勢の回復とは裏腹にドライバー不足が深刻である。かつてバブル期にも同様の状況となったが、今回は過去にないレベルにある。…

筆者:運輸労連 中央書記次長 武井 伸泰

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年6月22日第3022号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ