【登壇労組リーダー】派遣や家事従事者はモノ?/栗田 隆子

2015.11.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「労働」とか「労働者」という言葉のイメージに、どれだけ女性は入っているだろう。

 私はいわゆる「フェミニズム」の影響をガッツリ受けているので、介護や育児などのケアワーク、性産業に従事するセックスワーク、そして家事労働者を意味するドメスティックワークはどう考えても労働であり、”労働者性を持つ”という感覚を私は持っているが、日本全体でみれば未だにマイナーな感覚だろう。…

筆者:働く女性の全国センター 代表 栗田 隆子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年11月16日第3041号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ