【登壇労組リーダー】迫り来る大都市の課題/川島 千裕

2014.03.03 【労働新聞】

 大阪都構想をめぐる迷走が続いており、同構想が大阪府・市の抱える課題解決にどんな意味を持つのかが改めて問われていよう。

 連合は、12年8月、「大都市制度等に関する研究会」(主査:辻山幸宣自治総研所長)を設置し、大都市の直面する課題と求められる制度の方向性を検討、昨年10月に報告書を取りまとめた。…

筆者:連合総合政策局 総合局長 川島 千裕

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成26年3月3日第2959号6面

あわせて読みたい

ページトップ