【登壇労組リーダー】労働組合は「経営者の神経」たれ/粥川 正司

2013.12.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ようやく秋めいてきたと思ったら、早いもので1年の締め括りの時期である。

 ゴルフ愛好家の小生は、「秋」は専ら「スポーツの秋」を楽しむのが常だが、今年は「読書の秋」にも親しみ良書に触れてみた。本のタイトルは「小説ヤマト運輸」。

 同社は今秋、クール便を常温で仕分けたことなどが明らかとなり、企業の信用を落としてしまったが、宅配便事業ではシェア断トツ1位の地位を築いている。…

筆者:電機連合岐阜地協 事務局長 粥川 正司

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年12月2日第2947号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ