【登壇労組リーダー】ゆとり・豊かさに挑戦/森 俊幸

2014.05.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 連合山形の運動に携わるようになり、早いもので今年で3年目に入った。

 電機連合出身の私はグループ連合(グループ労連)や単組の先輩から、「労働組合の目的は、雇用を守り、労働条件を改善(向上)させることだ」と教わった。しかし、世界同時不況に始まる景気の停滞や新興国電機産業との間における国際競争の激化など、電機各社は依然として厳しい環境に置かれており、ここ十数年の間に会社・企業存続をかけた大きな判断が必要になったことがあるのは紛れもない事実である。…

筆者:連合山形 事務局長 森 俊幸

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年5月12日第2968号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ