【登壇労組リーダー】国として業界を支えよ/鎌田 佳伸

2014.09.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「運転者不足」がようやくクローズアップされた。得てしてこの手の話題は、「事故」が起きなければ挙げられない。それらを受けて安全規制が強化され、運転者の健康管理問題も浮き彫りになった。

 交通運輸産業の運転者不足解消に特効薬はあるか?と聞かれれば答えは簡単で、業界全体が活性化すれば良い。しかしながら人手不足による長時間労働、給与も全産業に比較すれば遥かに安い、そして綺麗なイメージもない。こんな業界に、若者が多額な費用を投じて二種免許を取得し、「運転者」になりたいと言うはずもない。給与が高ければ採用は増えるだろうが、「上げたくても上げられない」のが現状だ。…

筆者:交通労連 政策部長 鎌田 佳伸

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年9月15日第2985号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ