【登壇労組リーダー】WLB推進で人材の自律促す/山中 浩明

2012.05.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 グローバル化が進む中、世界の舞台で日本企業が苦戦する場面が増えている。かつての躍進はもはや幻想となりつつあり、盛者必衰の言葉がよぎる。

 日本経済の命運は、企業が競争力を如何に高められるかに拠り、それを支えるのは人材、すなわち社員一人ひとりがイノベーションの一翼を担えるかどうかということ。労働組合は今こそ、組合員の権利を“主体的に” 守る視点で考えるべきだ。企業の成長・発展があってこその私たちの権利であり、それに貢献できる人材、組織になれるかという視点である。…

筆者:ファミリーマートユニオン 中央執行委員長 山中 浩明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年5月28日第2874号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ