【登壇労組リーダー】”火種役員”になろう!/根橋 美津人

2014.09.01 【労働新聞】

 「出て来い!火種役員」

 参加感・存在意義がある運動とは? 魅力や求心力を取り戻すには? 怒りをパワーに変えるには? 今・全力でやらなければならないことは何なのか等々、昨年の定期大会を前に目の前にある多くの課題と向き合い悩んでいた時、ふっとその言葉が蘇った。

 数十年前、知り合いのコーチング講師と論戦していた際、運動推進における悩みを打ち明けた時に質問された。…

筆者:連合長野 事務局長 根橋 美津人

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成26年9月1日第2983号6面

あわせて読みたい

ページトップ