【登壇労組リーダー】同一”価値”労働同一賃金へ/浅井 茂利

2016.07.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 政府は今、正社員と非正規労働者の賃金格差是正を図るため、「同一労働同一賃金」の実現に向けた検討を進めている。労働組合は、従来から「同一価値労働同一賃金」を掲げてきたが、必ずしも具体的なものではなく、今回を機に、改めて同一価値労働同一賃金のあり方を整理し、その実現を図っていくべきではないかと思う。

 まず、同一労働同一賃金と同一価値労働同一賃金との違いだが、結果的にほぼ同じとの指摘があるものの、前者には「職務給」中心を連想させるところがあり、幅広く対応可能なイメージのある同一価値労働同一賃金が望ましいと思う。…

筆者:金属労協 政策企画局長 浅井 茂利

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年7月18日第3073号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ