【登壇労組リーダー】”自分の時間”しっかり確保を/梅田 佳宏

2015.07.20 【労働新聞】

 社会全体の大きな課題である長時間労働は、働く人たちの心身への健康影響、家庭生活との両立の困難、地域社会の担い手不足、超少子高齢化の進展といった問題にもつながっている。

 こうした状況下、私たち連合愛知は、男女がともに仕事と育児や介護の両立ができる環境整備はもとより、自分の人生を楽しむためにもワーク・ライフ・バランスの取組みを進めることが重要だと考えている。…

筆者:連合愛知 社会政策局長 梅田 佳宏

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年7月20日第3025号6面

あわせて読みたい

ページトップ