【登壇労組リーダー】単組に学ぶ~大回議案書より/足立 壮平

2012.11.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 上部団体の現場現物・足元を見た取組みとは何か。それは、構成組織や加盟単組と思いを一にし、連動する活動を如何に進めていくかということだと思う。

 9~11月は弊労連加盟単組の大会シーズンで、各々の大会議案書を見ると、普段は見えにくい単組の姿や活動、また活動の原点を改めて思い起こされる記載が多々あるのに気付く。目に留まった幾つかをご紹介したい。

 「奥様アンケート」の意見に対する執行部の丁寧な一問一答の報告。…

筆者:全国マツダ労連 会長 足立 壮平

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年11月26日第2898号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ